FIORENTINA JAPAN TOUR

ルカ・トニうまいよルカ・トニ
 1点目の左からのクロスボールに対して自分の利き足&シュート体制に入りやすい方向に胸トラップ少しダフったとはいえゴールを見て流し込んだ。そりゃあアズ−リにも選ばれますよあのプレーは。2点目もGKの位置をよく見て届かないところにコントロールよく決めた。電柱タイプのプレーヤーだが足元のボールも絶対離さない&強引に突破しようとしてた。あと、思った以上に守備もしてた。
 フィオーレはボールをもらうタイプのプレーヤになってた。ただ、そのボールが来ない。それでもボールを持つとルカ・トニボジノフと絡んでチャンスを作ってた。左サイドよりも中央のほうが生きると思ったんだが・・・ちょっとびっくり。
 ボジノフルカ・トニの周りを動き回るシャドーのプレーに終始してた。でもやりにくそうな感じがしてた。ただ、裏のスペースを見つけたときの動き出しは速い。後は、そのスペースに誰がパスを出すかだ。
 ヒデさんはやたらプレーエリアが低かった。そして病み上がり感全開のプレー。守備にウエート置いてるのかな?それでも50分間よくプレーしたよ。
 ヨルゲンセンは後半からの出場。ロスタイムの抜け出し&ループシュートは上手かった。終了後はホーム側まで来て挨拶してた。ホントいい奴だ。デンマークの人は親日家が多い。
やっぱビールはカールスバーグだね
って結論になっちゃうわけで(笑)試合としてはグダグダでもっと攻撃のバリエーションを増やさないとナビスコも前と同じ光景を観ることに。