NANA MIZUKI LIVEROCKET2005 summer

ネタバレしないように書きます。1曲目から意外な選曲で思わずヒートアップ。その流れで次の2曲も乗り越えられます。今回のツアーではベースのりゅうたさんがいなく、初代の田中さんが参戦。もちろんドラムは公太大先生です。
こーたんじゃなくて公太さんだろゴルァ!
今回も会場ごとのスペシャルソングがあります。夏をイメージした選曲だそうで・・KISS ME KISS MEはちょっと無理があるんじゃないかと。チームヨーダ今回はダンスバトル。しかし、ライブハウスではあんまり見えない罠。タオル曲が新しくあります。皆さん、注意してください
説明なしで練習1回のみで本番ですよ
ここからは曲の話。1曲バラードがあるんですがサビの部分の声が伸びる伸びる。これが奈々ちゃんの魅力なんですよ。“ヒメムラサキ”って曲を生で聴くともしかしたら今後のライブでも使えるんじゃないかと思うんですよ。(例えば衣装替え前)間奏時のツインギターがとても良かった。個人的にすきなんですよこの曲。
ここでは今日気になったことを。まず、私の隣にいた高校生らしき人なんですが、若さ全開モードで叫んでるのはいいんです。ただ、MCの時「なのはA'sの主題歌決定の話」で、キャラが新しく増えるって話になると
よっしゃー!
いやいや、よっしゃーじゃないよ、若者。
ライブ自体の話だが、音響が悪いとかは置いといて、「本人の歌詞忘れ&あやふやな部分が2,3ヶ所あった」今までこういうこと無かったからちょっとびっくり。そして、何でもサイリウム振ればいいもんじゃないよ。さすがにバラードとかで振ってるのを見ると節操の無さを感じる。最後にいつものことなんですが、「アンコールが早い」照明落ちてもまだメンバーはいます。そして・・・
このアンコールが元気が無さ過ぎる
こっちのほうが私はショックだった。みんなバラバラやし声出さない・・・ファンの課題が山積みだ。でも、個人的には充実したライブでした、楽しかったです。