酷評

結論から言うと(友人も同じ事いってた)
   angelaのYOU GET TO BURNINGのカバーに失望した。
まず、間違って欲しくないのは私は彼らの能力や可能性を評価してます。その評価の高さからゆえ?がつく作品には酷評させていただきます。
このカバーは何のために作られたのか?という疑問。この楽曲に対してリスペクトしてるのか佐藤竜雄をリスペクトしてるのかどっちなんだろう。おそらく後者のほうだと思う。わざわざそんな理由のためにカバーするのもどうかと思う。レコード会社優先って考えがするし、彼らのセンスもどうかと・・・
そして、次は楽曲について。原曲はキャッチーで覚えやすい曲に松澤由美のシンプルなボーカルが印象的な曲ですが、くせのあるatsukoのボーカルのため楽曲自体がダメになった印象がある。なのでなんか聴きにくい感じがした。