舞乙−HiME

A:「さて、このクールの注目番組(一般的には)。今回は前回と微妙に違う設定。そして、主役は“ツバサ・クロニクル”のモコナで大ブーイングを浴びせられた菊池美香。さあ、どうなることやら・・・?ってなんか嬉しそうな顔してるんですがどうしたの?」
B:「いやぁ〜わかったんだよ。彼女の起用法が」
A:「ほう、それは?」
B:「とにかく   ”バカキャラしかない!!”  ってこと」
A:「ははは・・・なんだろう。数年前の蔵田の起用法がわかったみたいな気分だ(笑)」
B:「あの声質からシリアスな演技は正直期待できん・・・」
A:「でも、そんな彼女を注目し過ぎると、今度はもう一人の主役小清水亜美がドフリーになっちゃう罠」
B:「そう!ドフリーにしちゃったんだが、演技的には問題はないかと思うんだが」
A:「元祖バカキャラ今回はおとなしい」
B:「しかし、サンライズはしっかり作ってるなあ」
A:「作り慣れてるのかなあ。締める所は締めてるし、設定に対しても隙みたいなものを感じない。」
B:「あとはこの2クールで菊池美香がどれだけ伸びるかだなあ。」
A:「そうだな、本人はアニカンのインタビューで声優の仕事は自分が事務所にお願いして探してくれたみたいだよ。」
B:「それでも、ちゃんと仕事を見つけてくれる事務所はスゴイ」
A:「現場では、スタッフが指導してくれてるみたいだよ。本当に恵まれてるなあ。」
B:「それよりも養・・」
A:「それは言うな!」
      得点 75点    期待度B+