0−0

結果としては連勝は止まってしまったが
         スコア以上にいいゲームでした
よく1点を争う好ゲームってフレーズがあるじゃないですか?あれって2−2や3−3のゲームにあと1点入れたら勝つってイメージが強いのですが、このフレーズの正しい使い方は「どうしてもこの1点さえ取れば勝つことが出来るゲーム」に使うのだと思う。なので今日は声を大にしてこれを言いたかった。あとジョンの退場とファビーニョの最後のシュートは不問にしたい。あれを責める事はできない。(特に後者のほうは)

私が観た限りなのですが、今日の鹿島はここ数年来のベストゲームなんじゃないかと思う。プライド捨ててなりふり構わずここまでかかってきた事ってあんまりなかったんじゃないかなあ?いつものパスワークだけかと思えばロングボールを放り込んできたのは脅威だった。そして90分走り続けて座り込んでる選手を見たのもおそらく初めてだ。ここ一番の試合での集中力ってのは凄かったし、強かった。それと同時に
           これが優勝争いの緊張感であり試合であった。
これも今日の収穫。
普段はドローの試合にはあまり拍手をする気はなかったのだが、今日の試合を見せられたら自然と拍手しますよ。それくらい、いい試合でした。