今日の試合

徹底して3バックの裏のスペースを突く瓦斯。序盤の出足は鈍かったが、次第に前線&ハーフウェー付近でのプレスからカウンターに持ち込む。
今日は、前後半3分にジョンが決めた。2点目は恐ろしいほど気持ちがこもってた。ちょっと珍しい展開になり、いつもの勝ち点泥棒がスタート。きわどい、危ない場面もなんとかしのいで、あのシーン
        また言葉が出てこない
その前に、どうするのかはっきりとしたプレーをしろ!って言った矢先だったから。
是のPKは仕方ない。遅延行為でイエロー貰う覚悟心理戦で優位に立とうとした土肥のプレーも一種の作戦だから。100%決まるわけではないし・・・ただ、プレーが相手に読まれてたって事は事実だし課題でもある。
目の前での優勝を見たくない!ってモチベーションや負けん気でよく研究してプレーしてたFC東京はプロフェッショナルなチームだ(チームとして。サポは別)
いつも、ホームゴール裏はあれくらい混んでてほしいな。