眼科にて

 よくよく考えると私、10年以上眼科に行ってません。ある意味奇跡だと思うがまさかこんな症状で訪れるとは
 まず、問診表を書いて、次にいろいろな目の検査が。レンズの先の光を見続けると一瞬風が来ますので見てて下さいね・・・
    コレ、ちょっと怖いって
なかなか開かない右目を必死に開けて左右に3回ずつ。
次は景色を見るだけでかなりラク。そして視力検査、1回ずつかと思いきやレンズを入れながら左右3回ずつ測る。
 で、ようやく診察。ここまでかなり緊張してた病院嫌いの私。症状を言って、まずは目薬投下、では投下直後の私の心の中の様子どうぞ
    あうあうあ あうあうあ(ちょっと悶絶気味)
何て言うのか?しみるってことか?
次に何かの機械を使って右目を詳しく見る。ここで緊張のせいか冷や汗で血の気の引いたふらふらの状態に。
医者の話では「目の下のところが炎症してる」そうだとモニターで説明。「また来て下さいね、そのときに腫れが引いてなかったらしてたら注射でも・・・」
   注射ですか…そうですか…
        死ぬ気で治そう、マジで    
と心に誓ったわけで(笑)で診察終了。
そして会計ですが・・・
      予想額の2倍もしましたが
後日いろんな人に聞いたのだが、眼科の初診ってのは結構かかるらしい。(正直びっくりしたのだが、目ということを考えると…)
そして領収書と薬かと思いきや紙きれ1枚。あっ処方箋ですか、そうですか・・・