第2試合  京都ーセレッソ

2−0で一蹴したのだが、ひとつ気になることが
     6人交代しただろ!
レギュレーションは5人までとか言ってたが、大丈夫なのか?
なんとピンゴが右で左に徳さんの布陣。1点目は徳さんのドリブルでDF2人を惹きつけてジョンにマイナスのラストパス、それを冷静に決める。2点目はなんとセットプレー(笑)。前半15分までは押し込まれるものの、耐えて流れをつかんで後半も控え組でもしっかりと抑えて無失点で試合終了。
まずは監督が先日言ってたことには納得できた。チーム全体での守備意識が本当に高かった。なにせあのジョンまでが前線から守備してますよ。そして攻撃面ではピッチを広く使う展開、ボランチから右サイドのピンゴへの展開は大きな武器になる。戦術が選手に浸透しているが完成度はまだ6割程度だと思う。残りは選手間の連携など細かい部分を詰めていく必要がある。あとはジョンの控え。ここはオプションの戦術なり新加入の選手の競争になる。ベンチ入りの争いは激しくなりそうだ。