一方の京都では

Aチームの京都では、加藤と斉藤、そして田原が良かった。加藤はサイドからの崩し、DF2,3人でもかわしてクロスを上げていた。強いて言うなら1本でもシュートを打てばクロスの精度も上がるのだが。斉藤はプレーポジションが広くなった。あまりフリーにさせると危険。そして田原ですよ。ペース配分を考えての90分プレー、ポジショニング、そして体の使い方も良くなった。J1でも十分通用する。
とまあポジションごとにいい選手はいるのですが、問題はサイドバック。1対1で負けることがほとんど、そして攻撃をしなくなって中に絞るようになる。すると中盤に守備の負担が来る。中盤のバランスを崩しかねない問題。あとは林をどうやって生かすか?彼を生かすにはDFの裏にパスを出せる選手が必要。