よく見る光景から音楽業界

その裏のWBSでは音楽のネット配信の原盤権をめぐる特集。
よく、最近の若者が着うたの聞かせっこみたいなのをしてる光景を見るんです。正直、あの光景自体がおかしいんですけど、この光景から
    最近の若者がCDを買わないね
って実感した。
特集では原盤権を買う会社とクリエーター側を取り上げる。クリエーターでネット配信を利用するのはほとんどがインディーズ。なんだけど、ここで取り上げた“EEE"ってユニットはネット上で楽曲を提供しながら、ちゃんとしたレコーディングでメンバー初めて出会い揃うって事なんだけど…思わず
         なんじゃそりゃ?
なんだかみんなインディーズになれるって流れになってる。この流れが凄くいやです。それは音源というかCDを作る努力をしてない、売る努力もしてない。そんな楽曲に心は感じない。そんなに音楽業界はテキトーなことでは出来ない!
そして売る方のレコード会社も、インディーズを発掘する努力もしない、投資もしない。ベストかコンピレーションで儲けようとしてる。夢を売る商売をしてる会社がこれじゃあそりゃあCDも売れませんわ。
携帯に着うたフルなんか入れて若者は何がしたいんだ?