サッカーJ+

基本的には国内サッカーの多くの情報が入ってていい雑誌ですよ。ただ、ライター(取材者)の顔が見えない文章を書いてる人間がいるんですよ。宇都宮徹壱とかね。
“股旅フットボール”ってコーナーでの文章は正直リーグは知ってても、そこから一歩踏み込んだクラブや選手の現状なんて知らない人。その国のリーグを知るには地域リーグからの持論で「プロ化する事はいいことだ」しか言ってなくて、そこまでの問題点なんかには全く触れていない。彼がマイナーリーグスペシャリストと言われるのだけは避けたい。
とは言っても知名度の低い地域リーグのクラブにとっては取り上げるだけでも知名度アップにつながる。クラブの存在から知ってもらうのが第一である。次はカマタマーレを取材してね。
今号で面白かったのは讀賣の特集。こういう異端児的なチームがあってもいいと思うのだが、昔はもっと凄かったんだね。
そういやセレッソの記事があったね。あの文章を要約すると
     Jリーグのキャンプを取材させてもらいました。 
ってことだね。