トップランナーの現状

先日、神戸でスタチャドリーム3rdが満員の観客の中行われ、さぞ盛り上がったのでしょう。(私は行ってませんが)
ちょっと前から思ってたのですが、“アニソン界のトップランナー”と呼ばれてきたスターチャイルドに陰りが見えてます。というのも、イベントに行った人の話によれば、4月スタートの新作が2本しかないとのことでした。
     「えっ?2本だけ?どういうこと?」
と思い、早速ライバル社との比較をすることに。スタチャジェネオン(RONDOROBE)を見てみましょう。
ジェネオン
http://www.geneon-ent.co.jp/rondorobe/index.html
新興勢力らしく、最近獲得した作品が多い。まんべんなく色々なジャンルから獲ってる。自分が思ってる以上に作品持ってた。
スタチャ
http://www.starchild.co.jp/index2.html
春の新作にパンチがない。それよりも
       どこぞのエロゲー会社か?
と思ってしまう作品も…
作品数、ネームバリューってのも考えると、明らかにパワーバランスが逆転したと感じた。ミュージシャンに関してはおそらく互角だと思う(でもジェネオンはI'veと契約してるのでやや有利か?)
ひょっとしたらジェネオンは相当お金を持ってるのかもしれない。さらに、旧パイオニアの作品にも力を入れてることから、この業界に強い人材が他所から流出してるのかと考える。
それにしても春の新作が2本じゃちと寂しい。この業界を盛り上げるためにも私たちにいいソフトを提供して欲しいので、現状を打破して復活して欲しい。