南津守でサテライトリーグ

いわゆる2軍戦。主に昨日のトップチームの試合に出場していない選手が中心のこのリーグ。今日が開幕で相手は神戸。サテライトは勝った負けたよりは“若手よ!ちゃんとやってるか”や“トップチームにお呼びがかかるのは?”的な要素が強いので、まったりと観戦です。
結果は1−1のドロー。前半思いっきりカウンターを食らって失点したが、後半残り5分くらいに小松君が頭で決めてドロー。内容的にはフィニッシュの精度からDFラインのボール回しなどトップチームとほぼ同じような問題を抱えてた。
今日個人的によかったのは先日、練習生から正式に契約した宮本。小柄ながら献身的に守備をして、いい感じて展開のパスも出せてた。球離れがいいという面では一番よかった。ひょっとしたらトップチームに呼ばれるかもしれない。
苔口は今のままではかなりキツイ。小松君は1トップは無理、ポストが…だから。でも前を向いたときは物凄いシュートなんかがあった。前回見たときと同じ評価かな?香川君は前半右サイドでは目立たなかったが、後半ボランチで光る物があった。ジャバ&アンドレは荒っぽいが、これからだね。堂柿は球離れが遅い、ただ左足のキックは魅力的だった。