なんか軽い感じがした  J1第11節京都ー新潟

ACLに行こうか迷いましたが、アクセスで西京極>万博の結果から西京極のほうへ。
新潟は全体的に軽いという印象を持った。体力的なものもあれば戦術的なものも…。上手くいけば勝てるのだが、上手くいかなかった時は負ける波が激しそうだ。正直、どういうサッカーをするのかわからない。
実際に失点シーンはDFのクリアミスを狙われて、パウリーニョが中央に切れ込んで得意のシュート体勢で決められての失点。そのほかにもあと2,3度決定機があったが、京都の拙攻に助けられる。
守備も軽ければ、攻撃も軽かった。前半はロングボールとサイドからの攻撃も単発的で相手を崩すまでにはいってない。後半、中原が退場になって数的不利になってからようやく動く。亜土夢君が入ってから攻撃が上手く回るようになった(相手DFが少し崩れていた部分はあったが)同点ゴールは混戦からシルビーニョが冷静に押し込んだもの。
それにしても、今日のアルビサポ多いなあ