J2第17節神戸ー徳島

まず、この日の徳島のスタメンGKが
   島津>ノリヲ
って構図は置いといて、あまりにもシステム(4−5−1)に無理矢理に選手を当てはめてる感じがしている。(特にジョルジーニョなんかは)
で、試合はそんなシステムなので連係は悪く、開始直後から横パスを奪われてカウンターされる展開。よくこの時間帯に失点しなかったもんだ。
それでも失点シーンは訪れるもので、1点目はカウンターから右サイドを崩され最後は2列目の栗原がドフリーで決める。2点目はショートコーナーから三浦(淳)が中に切れ込んでGKの脇をボールが通過していった。さすが元代表である。
3点目は後半、飛び出した栗原にうまく対応したのだが、ボールがいい感じの浮き球だったため空中戦ではまたフリーになりバックヘッドで決められた。GKも見送るだけだった。
さて、徳島の攻撃の時間はあることはあった。だが単発の攻撃、サイドに本職の選手が出場してないのでクロスの精度が低い。各ポジションで孤立することが多かった。そんなネガ全開のチームから気になった選手を見てみよう。今日一番良かったのは尾上。攻守のバランスが良かった。あのシステムで唯一機能してるんじゃないの?片岡が後半途中からピッチに、さすがサイドのスペシャリストって感じはするが、あのシステムにフィットするには時間がかかりそう。そして久々にスタメンだった玉乃。彼のドリブルに対してフォローがいないのはどういうことだ?そんな彼どうやら今まで干されてたらしい…。これだから田中はアフォ監督って呼ばれる要因なんだろうと心の中で思った。
そんな辛い試合となりましたが、収穫もありました。それは
     玉乃の応援歌がスピッツのスパイダーだったこと
あの応援歌だけ歌いたいと思った。この日のアウェイゴール裏は楽しそうでした。