ナビスコカップ C大阪ー大宮

キックオフの直後くらいに到着する。きょうは暑いので屋根のある付近で観戦。
後半の途中まで相手に退場者が出てることに全く気付かなかった。後でTVで見ると、PKになるシーンで枠の中のボールを思いっきり手ではじいていた。一発退場ってのも納得できる。
前半はごまかせていた中盤のマークも、後半になるとマークが甘くなりボランチの片岡がDFラインに吸収される。そのスペースをうまく使ったモリシのラストパスにジョンが決めた2点目。
失点シーンはグラウの個人技。こればっかりはどうしようもないので最低限のプレー(シュートコースを切る)だけはしてほしい。ただ、さすが三浦監督って思ったのが、選手交代から修正して流れを掴もうとしていた。11人だったらどうなってたか・・・
今日に限ってはゼを中盤に置くことで、攻撃にアクセントがついていた。ただ、攻守の切り替え時のプレーが軽いのはやっぱりいつものことか?この戦術、ハマればいい形なんだが、今のところ成熟度は低い。また苦しくなったときどうするのか、これが今後のキャンプや練習での課題。
さて、ホームゴール裏J3ゲート付近で分裂応援があったように見えたのだが。うーん・・・