ドイツーコスタリカ

始まりましたW杯。
よく「ずるずる下がるDFライン」ってのは聞くのだが「ずるずる上がるDFライン」ってのを初めて見た。誰もがわかるコスタリカワンチョペ狙いの作戦なのにプレッシャーもかけないのはどういうこと?期待されてないことがよくわかった。ずるずる上がる3人が悪いのか、人についてたフリードリッヒが悪いのか・・・。
それにしてもシュバインシュタイガーが攻守において凄かった。特にボールを奪われてからの守備。ああいうところにサッカーセンスってのを感じる。2点目のアシストなんかもそうだ。
今回の大会ではミドルシュートの精度の高い国が勝ち上がるのではと思った。精度というより意識かな?