オランダーセルビアモンテネグロ

http://fifaworldcup.yahoo.com/06/jp/w/match/6/mr.html
ロッベンがキレキレなんですが・・・前半は。後半になると一気に目立たなくなったというか消えていたような気が・・・。2点目を狙いに行くのか、守るのかというチーム全体の意識ってのがオランダには見えてこなかった。あと、V.ブロンクホルストって昔はあのポジションじゃないのに、守備において違和感が無い。(というより上手くなった)日本の14番もあのようなプレーが理想形だと思うのですがどうでしょう。
セルビアモンテネグロは全く使えない右SBを変えて7番のコロマンを入れてから攻守が落ち着いて、機能しだしたが、ケジュマンもミロシェビッチも点で合わせる選手なのでゴール前において噛み合わない事が多かった。あと、コロマン投入でのポジションチェンジも攻守が機能した要因である。2ポジション出来る選手の必要性を感じた。
それでも両チームとも物足りない1戦でした。