興味深いサッカー

自チームの分析をするよりも、相手チームの分析をしていた。
今の東京のサッカーがちょっと興味深いことをしてるのですよ。守備はおそらくオーソドックスなんだけど、攻撃面に興味が。
一言で言うとハーフカウンターっぽいのですが、DFラインからボランチまではキープ中心の遅攻のような形ですが、あるタイミングになると一気にスピードを上げて、1対1の状況を作り、サイドから決定的な場面を作っていた。
あるタイミングってのはスペースが開いた時なのか選手同士の合図があるのか知らないが、あまり見ない戦術のなので興味を持った私。
おそらく、ポイントになるのは中盤とDFラインがコンパクトな状態でキープしながらボールを回せる状態を作ること。そのためにはテクニックのある選手が好まれるんじゃないかなあ?なので9番タイプの選手は必要ないのじゃないのかなあ(実際にこの日のFWは馬場だったし)。ただ、今日のように相手の中盤がスカスカだったら今日のような展開になると思うのだが、これが上手くいかないと「ガーロでいいのか?」の弾幕が出るわけだ。具体的にいうと「今野への縦へのボールを奪うか奪われないか」なのかな?