改めて実感するハルヒ12話ライブアライブ

NANAを観てたんですよ。ちょうどトラネスのライブを見てナナとハチが泣くというシーン。何気無いライブのシーンでEDの曲が流れるのですが、改めて京アニの凄さがわかることに。

思い出して下さい。ハルヒ12話では曲にあわせてギター、ベース、ドラムの演奏シーンが細かに描かれています。それに加え力強く熱唱するボーカルのハルヒの描写、曲にあわせて盛り上がる客の様子の描写。一方、NANAはボーカルは曲に合わせて口パクの歌唱シーンはあったが、演奏シーンや客の盛り上がりは静止画でした。こう書いてるとハルヒNANAの様相ですが、間違って欲しくないのはNANAのやり方がダメってことじゃないこと。
どちらのやり方も正しいのです。NANAにしてもそのシーンからEDまで流れるところはさすがだなあと思いました。見てる人間にどう伝わるかが重要であると私は考える。ハルヒには伝わったが、NANAにはいまひとつっていうのが個人的な感想。
欲を言うなら、もう少し力を入れて欲しかったっていうのが本音。