U-21

前半は眠かった。本当に寝ようと思ったくらいだ。後半は狙いがはっきりしていて及第点のような内容。相手の勝負どころにおける詰めの甘さにも助けられた印象が強いが。課題はロングボールの精度と動き出し、3列目やサイドでの飛び出す選手を有効的に使うことかな?
反町さんは苔口の1トップという不思議なフォーメーションを使ったが、少なくともクラブチームでのびっくりするようなクロスが見られなかっただけでもよかったかw