NANA MIZUKI LIVE UNIVERS2006 summer

開場の18時過ぎに戻ってみると、入場待ちの長い列と公園前の待機組。当然のように我々は10分前になってようやく入場する。30分で大量の人間を入場できるはずも無く、当然のように15分押しでスタート。
  ・セットリスト
1Take a shot
2What cheer?
3Late Summer Tale
4二人のMemory
5NAKED FEELS
6You have a dream
7NANA色のように
8Love Trippin'
9残光のガイア
10リプレイマシン
11ETERNAL BLAZE
12会場限定企画曲
13PRIMAL AFFECTION
14Faith
15inside of mind
16SUPER GENERATION
17POWER GATE
18TRANSMIGRATION
19星空と月と花火の下

EN-1innocent starter
2RUSH & DASH!


本日の打ち抜かれKOシーン
・ネコ?トラ?耳にヘソ出し衣装に1回目の打ち抜かれる
・メイド服に2回目の打ち抜かれる 
    メイド服キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!!
思わず爺さんの親指立てポーズで答える。
2つ前の敏捷性に優れたヲタ芸が素晴らしかったり、バンドソロのコーナーの順番が微妙だったり、“なのは”の3期シリーズの制作決定が発表されたり前半のハイライトはこれくらいかな。
後半は今回のツアーのタオルコーナーがPRIMAL AFFECTIONでした。それはもうマラドーナばりに振る。一番きつい時間帯のTRANSMIGRATIONで回ってたら後ろが女の子で、強気っ子の匂いがしたり、キーボードだったけ!?コードが抜けて音が出なくなるハプニングがありました。この辺り、給水の時間すらありませんでした。
アンコール時は某人の助言を受け、「それ!」を連呼。するとバラバラだったコールが統一された代わりに本当に引くに引けない状況になった。
いやぁ今年の夏もいい思い出作りになった2時間半でした。やっぱりね
     かわいいは正義