本論が見えてこない高校野球

「感動をありがとう」という言葉が大嫌いである。
元々、高校野球はTVつけてやってたら垂れ流し的に見る程度なんですが、競技としての本質よりも先に“イケメン”や“ハンカチで汗を拭く”競技以前に騒いでる時点で見る気をなくしました。そんなことで騒いでるから競技は違えどこの国は0勝2敗1分の文化だなあと感じた。
もう、高校野球で感動できる歳でもなくなった。むしろ、野球好き(←ここ重要)としては選手の適性や将来の可能性など野球選手としてどうなのかと見ている。自分なりに見てみた。
   ・駒苫のピッチャーはバットを振らせるスライダーがあることと、見た目以上にハートの強さがあるからクローザータイプだと思う。もう少しストレ   ートの伸びがほしい。
   ・早実のピッチャーは典型的な先発タイプでテンポのいい投球フォームがいい。あと1つ変化球がほしい。
で、どちらのピッチャーにも言えることがあるんですよ。
        「肩は消耗品であるということ」
あれだけ何百球も投げてたら怪我してもおかしくない。では「何のために」何百球も投げてるのだろうか?