奥井雅美World Tour 2006 evolution

さあ皆さんワールドツアーですよwツアーのスタートは名古屋ボトムラインから。数日前に購入したので入場は最後。左側のいいポジションを取ってライヴはスタート。
  セットリスト
1 SOLDER LoveBattlefield
2 zero-G
3 SUBLIMINAL
4 INTRODUCTION
5 空にかける橋
6 TURNING POINT
7 不知火
8 太陽の花
9 あの日の午後
10 射手座の月の衣に
11 SOUL MATE
12 WILD SPICE
13 牙〜タスク〜
14 虹のように
15 朱 -AKA-
16 乙女心無限
17 Shuffle

EN-1 KEY
2 邪魔はさせない
3 God Speed

 初めてだろう。輪舞-revolution-がセットリストから消えたのは 
とは言っても、アンコールの選択肢には入ってるんですけどね。意外とびっくりはしません。
 1,2曲目は近年のツアーで恒例となってるアルバムの1,2曲目の選曲。これ、ライヴを意識した流れですね、いい流れですよ。アルバム以外の曲となるとちょっと前の曲になったり、ほぼ定番の曲が流れる。
7曲目から早着替えできる着物(そうだなあ…hitomiが着てたような着物)で登場して、ミディアムテンポの曲を歌う。太陽の花あたりはちょっと危なかった。ツアー初日によくあること。
今回のツアーMCがいつもより短め。半分くらいは告知ものでしたね。とりあえずJAMのツアーの日時と場所くらいは覚えときましょw いつものように客に助けられる罠。それと、上海のチケットが売れてるらしいとの情報。中国ではマイナークラスのアニメは見れるのだろうか?という疑問を少しだけ持った。
ライヴ本編に戻りましょう。12曲目のWILD SPICEはトランスMixを半分流して、シングルVerに入るという構成。ぶっちゃけトランスMixだけだったらキレてましたね。14曲目の虹のようにでは、10年前のヤクルトホールでもエピソードをもとに作られたそうだ。そして朱 -AKA-、昔からのファンにはたまらない選曲でした。ラストはいつものShuffle・・・うーん、どうなんでしょう?
 アンコールの2曲目(正しく言うとWアンコールの1曲目)は3曲の中から客のリクエストで1曲決めるとのこと。キーボードの今井君が見事に空気を読んでくれました。トータルで2時間20分くらいのライヴでした。



さて、ここからはライヴの反省会。
アンコールの時、タイミングを合わせようとしなく奇声を上げる奴がいたことを報告しよう。そいつは合わせてるつもりが実はあってないという現実に思わず中指立ててブチキレしそうになりました。奇声を上げた奴を含めた2人組はライヴ前の話ではどうやら地元のイベンターっぽかった。正直、こんなに多くイベントに行ったから偉いとかそういう議論はしたくありません。レベルが低すぎるから。では、その中から今日の一言。

   苺ましまろのイベントなんかありませんから、残念。
そんな不快な気分だったので、いつもの3本締めはやりませんでした。