SAS団秋のふしぎ探索パトロール 第4回報告会

今日はTBS系列の作品をズバッと言うわよ
    コードギアス反逆のルルーシュ
あの…やろうとしてる90%は理解できるんですよ。
何事にも忠誠を誓わないといけないブリタニアという国家。将軍様もこういう国家を作りたいと思うよね。そんなブリタニアに侵略された日本でブリタニアに抵抗するために毒ガスを盗んだ2人組。だが、それは毒ガスではなく謎の美少女。その美少女はブリタニアの軍人に殺される。だが、殺される寸前に偶然いた主人公と契約を結ぶ。するとその主人公はなぜかブリタニアの軍人に死ねと命令を出す。すると、なぜか軍人たちは銃を自身に向けて自害する。



契約あたりからよくわからない。正直「何が起こったのか?」理解に苦しむ数分間があった。
このテンションで2クール続けるには見てるこっちが倒れそうになるから、2回目以降はまったりするでしょう。おそらく。あと、サンライズが絡んでることもあってメカに関しては安心して見れますよ。

    天保異聞 妖奇士
「土6」というブランドの方向性がはっきりしていない。まぁそんなブランドすら存在しませんが…w。
どうやら會川先生は前から時代劇っぽいのをやりたかったそうだ。仮にその情報をインプットしてなくても、突っ込まれないように時代設定をしっかりやってることから、やろうとしてる意図は伝わった。だが、「妖夷の作画があまりにひどい!」ことから、具現化できる人間がいなかったという現実。
キャスト面では宰蔵の中の人はシムーンの主役をしてた人。そういうこともあって下手でした。他のキャストとかは問題なかったのに…足引っ張ってますよ。
あれ?って思ったシーンもあった。OPでメカもののアニメによくある映像が流れていたこと。明らかに必要じゃないのだが…どういう意図なんだろう。一言で言うと
        BLOOD+よりは見れる
    ときめきメモリアル Only Love
1話目も2話目も実はリアルタイムで視聴した私w
1話では主人公がネコミミつけて追いかけられたり、2話では体育会四天王と対決したりと違う意味で記憶に残る。2話のラストで「胸がドキドキするじゃない」と恥ずかしいセリフが出てきてようやく作品のあるべき姿に戻ったのかな?
30分見るのが疲れる作品。最下位候補がここにきて本領を発揮しました。救いは椎名へきるではなく購買部のおねえさん斉藤千和、期待通りの演技でした。
    乙女はお姉さまに恋してる(第2話)
リアルタイム視聴作品その2。ここでの海外組とはOPの5人組であることを理解して読んでほしい。
国内組と海外組の融合というのは難しいことは理解している。それでも、どうしても海外組の5人を同時に起用したいのであれば、瑞穂とまりやの配置転換だ。新たな国内組を起用するよりは現実的であると思うのだが…。ただ、これをすると作品の色合いが変わってくるのだが、別に変わってもいいじゃんw
まぁそんな海外組を抑えてこの作品で一番輝いていたのは松来未祐だった罠。あの手のキャラは本当に強いね。
ところで榊原ゆいって何者だ?