J2第49節神戸ー横浜FC

前半は神戸のペースで始まる。いつものように両サイドを使おうとする姿勢は見られるも決定的な崩しは出来ず(左はそこそこだったが右がねえ…)なので決定的なシュートシーンはなかった。そしてこの試合の最大の敵になるかもしれないホーム寄りのジャッジをする主審がいた。
20分過ぎになると横浜FCもボールが持てるようになり、ポゼッションはほぼ互角になる。そして序盤からやってた前線からのプレスが効いたのかバイタルエリア付近でボールを奪うとフリーの右サイドに流れて小野のクロスにファーサイドの城がヘッドで先制するという
   お も し ろ い 展 開 に
後半も前半と同じような流れ。ひとつだけ違ってたのは三浦(淳)のFK。ゴール裏で見てたら角度が無いのかな?って思ったのだが、しっかり角度があったね。あれは決めた人間を褒めるべきでしょう。
ここでベンチが動く。カズ(なんだかんだで今日も格好よかった)にかえてアレモン投入。その数分後に内田クロス→ニアにいたアレモンのヘッド→GKはじく(ここの反応良かった)→はじいた所にアレモンが詰めていた。
   ま す ま す 面 白 く な っ て き た
その後神戸も攻めるが、予想外の方向に行くヘッドが2本あったり、なによりチームの生命線でもある両サイドが封じられては何もできない。横浜FCの誰が見ても100点のベンチワークで試合終了。終了の瞬間の喜びようはそれは…忘れられないですね。



さて、ゲーム自体に興味もあったのですが、年末恒例のドラフトの視察という意味もあったのですよ。この日は気になってた数選手をチェックしました。思った以上の収穫があったと言っておきましょう。
来週あたりから選手のリストアップを始めようかと考えてる。