家長のプレーを見て感じたこと

昨日の天皇杯で左サイドでプレーして1ゴールでチームの勝利に貢献した家長。
私が見て思ったのは
   「プレーに迷いがある」
指導者は果たして彼に何を望んでいるのか正直わからなかった。もし、攻守におけるハードワークを求めるのであれは、それは大きな間違いだと思う。使うのだったらゴールに近いポジションでしょう。少なくともクロスを上げる選手ではないし(クロスに対してのターゲットマンがいない事実もあるが)
それでもあのポジションで使うのだったらチーム全体で彼を意識しながらのプレーが必要で(特に左サイドのストッパーは)今のチームの完成度からするとやはり彼は浮いてるんですよ。
才能のある選手だから彼の個性を無くしてほしくはない。ただ、生で見てわかったことがもう1つあった。
   「本人にも問題がある」
なんとも不思議な選手だ。