高校サッカーについて

正月に実家で作陽の試合をちょっとだけ見た。普通にいいサッカーをしてて、今までで一番強いんじゃないかと思った。まさか、決勝まで進むとは思わなかったが。(元々、岡山ではほぼ敵なしのレベルですが)
で、決勝を終えてTVで今大会の総括をしてると、ある解説者が「大会のレベルは上がってます」と言った。
     あれ?
無得点でベスト8まで進んだ高校が2つもあるにもかかわらずだ。ある程度の戦術をやっていれば組織としてはできると思うが、どの高校にも「負けることを怖がってる」ような感じがした。だから1対1で勝負しない、カウンターを恐れて強引な攻撃をしない、パスサッカーの言葉に溺れてしまいパスしかしない…。選手の育成過程であるべき大会が、ただ国立でサッカーがしたいだけの大会になってしまった。
少なくとも今の状況は明らかに「レベルは下がってる」のであって、それをはっきり言ってほしかった。

あと、国立目指してサッカーをやって、そして燃え尽き症候群みたいになってるのも気になる。大学でも、その先ずっと長くサッカーをやってほしいってのもあるし、そうすることでその先にはスポーツで豊かになる国つくりってのがあるんじゃないかなあ?

追記:作陽の11番はプロで見たい選手でしたよ。