最近読んだ雑誌など

久々にやりましょうか

の中から私が気になった文章を取り上げます。まず今回一番面白かった文章は
   ・Hard After Hard 「選手の思い、代理人の哲学」
代理人の仕事というよりも代理人が選手のどういう所を見てるのかを焦点にしている。これフットボール以外、つまり人生にも通じるものがある。
よく不満を口にする人っているじゃないですか?で、時に本質から外れたことを言う時とかあるじゃないですか?例えば
   「○○と○○はいつもしゃべっている」
   「○○はボーッとしてる」
などなど。こういうことを口にする人に限って自分自身を見つめ直していない。人に指摘したことをやってたりするからタチが悪い。なんだろう、フットボールの世界にも人生にも過程ってのが大事な時だってある。
   ・テレビメディアの功罪を問う
矢部はサッカーを知ってる人間としてはアリだと思うが、はーいやべっちは無い、ありえない。
今の日本の現状を考えると“わかりやすい”解説は必要だと思うのだが、面白い解説とかどうでもいい豆知識とかはいらない。
あとフジのプロデューサーに言っておく
   「さんまはサッカーを知ってるのではなくサッカー選手を知ってるだけ」
この差って凄く大きいと思うんだけど…。
   ・中小クラブの羅針盤
関塚さんって熱い人なのかなあって思ってたんだけど、意外にもサバサバした人だということ。よくレギュラーを白紙にして競争意識をつけるってことはあるのだけど、それって口だけのような気がしてる今日この頃。むしろ、順列をはっきりさせることが逆に競争意識を高めることになるんだと実感。アプローチの方法が違うけど結論は一緒なのだろうね。それをするためには、十分なコミュニケーションが不可欠なんだが。
   ・FootballSOUNDTRACK

監督は「チェアマンとプレーヤーという上下の“パン”の板ばさみになって身をすり減らす一方」のハムの悲哀を実感する

この例えが凄く印象的だった。そう考えるとビッククラブの監督しかり代表監督ってのは難しい立場である。ただオシムはその“ハム”の部分がやたら分厚いような気がするが…。
こういうメッセージ性のある交代もあるんだね。
   ・私のサッカー論
そんな分厚いハムのようなオシムのインタビュー。テーマは戦術なんだけど、正直半分くらいしか理解できない。方法論の部分で。
コレクティブという言葉を連呼するも、スペシャルな選手をコレクティブさせる方法論ってのを聞きたい。ひとつの例として昨年のW杯でルイス・フィーゴが汗びっしょりになって走ってる姿を見てどう分析するのかを聞いてみたい。「完成されてる選手」ってのが言い訳のようにしか聞こえない。


チームメイトや相手に対するリスペクトと言っておいて、「監督を騙す選手」という表現はたとえヘタクソでも草サッカーをやってる私としては正直カチンと来る。相手を騙しても見方を騙すようなことはしていないからだ。


あと戦術の最終的なゴール地点として1対1だと私は思うのだが、1対1に対する考え方ってのも聞いてみたい。それは多分2010年のW杯の総括でそういうフレーズが必ず出てくるから。