最近読んだ雑誌など その2

一流雑誌のhm3の登場です。表紙・巻頭は柳沢ばりにスルーしましょうw
今回注目したのは
   「奈々ちゃんの横浜アリーナのライブレポートがどのように書かれているか」


リハーサル風景やJtoBの赤リウム一斉点灯など写真のクオリティは今回も相変わらず高かったです。では一流ライターの斉藤剛士の書いたライブレポートでも読んでみましょう。



……
読後に「それライヴの話と関係あるの?」って文章がやたら多いと感じた。キャロル・キングのCDをプレゼントして喜んだ姿を見て「心底、音楽が好き」と思うかもしれないが、それって単純に珍しいプレゼントだったから喜んでいると想像することもできる。
ライヴと繋がりの無いことからライヴ本編のこと書いてるのだが結局はこういうことなんでしょ?

ステージで彼女は輝いていた

ただ、この表現はライターとして使いたくないらしく、こういう言い訳を用意していた。彼女にとって歌とは?このお題に対して一流ライターは

趣味とか仕事のレベルはもちろん越え、“生きがい”などというよりさらに切実な、希求してやまないもの、なのだろう。

という答え。

うーん、
アニメのタイアップとかも「希求してやまないもの」になるのか、そして歌手と呼ばれる人が生きがいよりも切実なこととして活動してるのか、そもそも彼女の立ち位置をライターは知っているのかという疑問がある。


夏のツアーの時みたいな「わけのわからない価値観の押し付け」は無かったものの現実の立ち位置とかがさっぱりわかってないライヴレポートでした。あまり学習していないってことですね。


その後のインタビューのテッサロッサちゃん仕様のヘアーがよかったです。