CL決勝をちゃんと見て思ったこと

リヴァプールは自分が思った以上にいいサッカーをしていたこと。
中盤の中央付近のプレスが激しかった。奪ってからは上手くサイドを使ってピッチを広くして攻めていた。右サイドのペナントが良かったが、ゼンデンとジェラードが被っていた感じがしてゼンデンが消えていた時間が前半あった。後半、そこにキューエルを入れて窮屈感は解消されたが…。あと、カイトに負担をかけすぎなんじゃないのかなあ?隣にもう一人FWがいれば…。でも、それがクラウチではないことは確かだ。
ミランは前半リヴァプールの激しいプレスに対してワンタッチでボールを回し、かわしながら時間を作ってサイドにスペースができるのを待って、そこからサイドを使って攻撃していた。初めて風間さんの解説が役に立った瞬間でもあった。あの中盤でセードルフが黒子に徹していたのにはびっくりだ(そうしないと試合で使ってくれないんでしょう)。
試合全体としてはレフリングがとても良く、個人でのミスはあったけどそれを忘れさせるくらいレベルの高い、そして面白い試合でした。

あと嬉しかったのはビックイヤーの瞬間まで放送してくれたフジGJです。