御鑑賞中のアニメなんかをだらっと

毎度おなじみのフレーズだが、溜まってるアニメをだらっと見てます(ペースは遅いが)。
当然のことながらおおきく振りかぶっての出来がよい。特にベンチの野次とかまで再現してるところとか音響面でのいい仕事ぶりは見逃せない。ちなみにまだ練習試合のところなんですが…。
あとひとひら。合宿のところまで見ました。なんかあれ見てたら原作に興味を持った。

ひとひら 1 (アクションコミックス)

ひとひら 1 (アクションコミックス)

とりあえず今度読んでみよう。
まあよく考えてみるとこのクールのアニメもそこそこ当たりの作品があったりので悲観することはないのかな?と思う。


さて、ようやくひだまりスケッチの最終回を見ました。
こちらも原作に興味を持って1巻を購入しました。

ひだまりスケッチ (1) (まんがタイムKRコミックス)

ひだまりスケッチ (1) (まんがタイムKRコミックス)

原作を読んで、そしてアニメ版を見ましたが、いやぁ上手く構成ができている。まぁそれは原作の時点でそれなりの構成ができてたので、あとは細かい所のエピソードを加える。なので両方見てると意外と中身が濃かったりする。あと美術ものってことで視覚的にも原作では表現しきれない部分をアニメ版ではしっかり表現できてるので互いの相乗効果ってのも見られた。そう考えると監督を含めたスタッフのいい仕事ぶりってのも評価しないといけない。総監督の黒板ネタやEDの作画で思いっきり遊んでいたのも含めて。



こう4コマものを評価してると今やってるあの作品と比較してしまうわけで。
結局のところひだまりスケッチは完全に商業誌に対応できるやり方なのだが、あの作品はどう考えても新聞の4コマのようなやり方なんだが…。そう考えると映像化したら結果は一目瞭然なもので。だから付加価値をつけてやらないと…。純粋に作品で勝負できない悲しさ…でもそういうやり方なんだからしょうがないのもあるわけで…。なんだか書いていて難しくなった。
とりあえず今後4コマで成功するのは相当難しい時代になったと思うのですが、今後成功する要素みたいなものを4コマ評論家の意見とともに聞いてみたいものだ。