SAS団春のスクランブルアタック 結果発表

お待たせしました。春クールの結果はコチラ!
  第1位  おおきく振りかぶって
   2位  エマ第2幕
   3位  ひとひら
   4位  怪物王女
   5位  ぼくらの
   6位  魔法少女リリカルなのはStrikerS
   7位  ハヤテのごとく
   8位  アイドルマスターXENOGLOSSIA
   9位  瀬戸の花嫁
  10位  らき☆すた
  11位  ながされて藍蘭島
  12位  神曲奏界ポリフォニカ
  13位  かみちゃまかりん
  14位  この青空に約束を
  15位  DARKER THAN BLACK


A「予想外の動きだ」
B「それはらきすたのEDのことか?」
A「カラオケボックスのやつは想定内だが、7月からのやつは予想外ってより論外だな」
B「それはつぐみ寮が舞台の作品の作画のクオリティか?」
A「まあ、それもあるがw そうじゃなくて、アイドルマスターのアニメ版が意外と見れたってことですよ」
B「始まる前に散々キャストで叩かれたんだけど、いざ蓋を開けてみると面白かったし、また次も見ようと思わせた時点で勝ですよ」
A「当初考えていたアイマスアニメ版=早野の構想も、どちらも見事に崩れ、今回の企画は大失敗ってことですね」
B「この企画が成功したって記憶が無いんだけど。それにこの企画は成功したら逆に困る」
A「困るのか?」
B「ああ、この企画は各作品に対しての叱咤激励の意味を込めた企画なんだ。つまりこの企画は愛で(ry」
A「はいはい素晴らしい言い訳ありがとうございます。じゃあそんなに“愛”でできてる企画なんだから、他の作品についてもしゃべりましょうよ。春クールの作品で気になったのはありますか?」
B「ひとひら怪物王女。どちらも今までとはちょっと違う雰囲気が出てた作品。こういう個性のある作品がもっと出てきたら楽しんだけど…」
A「確かに、ひとひらはアニメ化で原作に興味が集中する。どちらかと言うとマイナーな作品だったからいい意味でアニメ化成功なんじゃないかなあって思うんだけど。あと怪物王女は作画の好き嫌いはあるが、こちらも同じような事が起こりそうでアニメ化は成功なんじゃないのかな?」
B「こういう作品を発見するための企画なんだ。しかしそれにしても恐るべしコミックハイ。で、君はこのクールで気になった作品とかあるの?」
A「あの…らき☆すた…」
B「(ここから小神あきら調で)そうなんだ、毎週らっきーちゃんねる見てくれてるんだー?
てめぇいつから中高生にウケるアニメ真剣にチ

ェックしてんだよ  」

A「いや、その深い意味は無いんですが…」
B「俺もチェックしてるけどよ、リアルとフィク

ションが混在してる世界ってのが嫌なんだよ!凹むんだって 」

A「ほら、4コマものを30分の中でどうやってやるか?ってのも気になるし、話題の京都アニメーションが…」

B「京アニ? 京アニ京アニ言っても半分は失敗

作だろうよ、それをみんなが京アニ信仰みたいになっちゃってさ、なんかバカみたいだし


あれ?もうこんな時間」
A「あなた、らっきーちゃんねるのコーナー好きでしょ?」
B「ああ、好きさ。あのコーナー叩く人たちに言いたいんだけど、他にもっと叩くところが本編にもあるだろ?ってこと」


A「そして予想通りの動きだった下位グループ」
B「やっぱり今の現状ではオリジナルものって厳しいのか?もっとわかりやすい脚本にすればよかったのに…。そういうところがボンズクオリティ」
A「キャラ多すぎ、よくわからん設定。たとえ大人がターゲットだとしても、その大人ですらついて行けない事実」
B「そしてもう一つ予想外の動きがあった」
A「えっ、それはどこ?」
B「こんな季節に春クールの話をしてる我々だろう」