キーリ

をようやく読み終えたことで、物語が完結しました。
1〜7巻までを伏線として、8巻でそれまでに出てきた重要人物が首都に集結して「さあ、盛り上がってまいりました」って展開になって最終巻ですよ。まさか
     総集編みたいな流れになるとは
そりゃあね、今までの流れとか考えるとキーリがハーヴェイの記憶の中に入り込んでハーヴェイ自身の崩壊を止める旅…端的に言うと蘇らせるような旅をするんだけど、多分間違ってないんだけど、なんだかなあ…。
その後の展開もなんだかなあで、最後は個人の想像でって流れ。


長編シリーズとしてはよく出来ていたと思うんだけど、起承転結の「結」の部分でもったいないなあって感じがした。
私は「キーリが死んでしまいました。さあどうする?」ってブックを予想してたのだが、それは無理か?そっちのほうが面白いと思うのだが。
次読む作品どうしよう?ってことになった。
そういやハルヒの分裂をまだ読んでないからそこからってのもアリなんだが、色々と読みたい作品があるのも事実。あと、上半期ライトノベルサイト杯も参考にするか?