J-POPが売れないのはどうしてだろう?

さっきのクラブの話とちょっと関連するんだけど。
http://gamemusic.blog50.fc2.com/blog-entry-412.html
http://gamemusic.blog50.fc2.com/blog-entry-413.html
http://www.misao.gr.jp/~koshian/?20070821S1

売れないCD、その中でもJ-POP。まあ人々の消費構造の変化とそれが起こるようになった多様な文化とその成熟化があるのだが、まさかここまで売れないとは…。
クラブで90年代の元気な頃のJ-POPがガンガンに流れてたのだが、やっぱり今聴いても普通にいい曲だった。で、よく考えてみると今と90年代に売れてたアーティストってあんまり変わってないんだよね。変わった部分というと楽曲なんだろう。マンネリ化防止だとか高音が出なくなったのでバラード中心に変えたとかある。それも客離れの要因になってるのかも。
そして、J-POPとアニソンでは昔ほど抵抗ってのもなく、気がつけば垣根がなくなったと私も思う。おそらく売る側からすればタイアップで今現在一番効果が高そうなもので、そこを利用してるのでしょう。


色々と要因があると思うのですが、最大の要因は良質な楽曲が少な過ぎるってことなのかな?と思ってる。で、アニソンのほうが意外と良質な楽曲があるってことなんでしょう。要するにアーティストの怠慢とか力不足ってのもあるよってこと。


余談ですが、先日地元の友人との会話で“地デジが導入されたら、またミリオンセールが復活する〜”って話をして、二人同時にこう言った。

        それはないなあ…