ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序

昨日観てきました。平日にしたのは週末だと立見しか無さそうだったので座って見れる、なおかつ定時で帰れそうな日が昨日だったわけで。


普通に面白かったです。どちらかと言うとライトユーザー向けなのですが、ヘビーユーザーでも十分に楽しめる内容です。
皆が言ってるように作画は奇麗でした、特に背景が。しっかりと作ってる印象を持ちました。ヘビーユーザーにはこれだけでも観る価値はあると思う。
ヤシマ作戦(6話)までの内容だが、それでもとても濃い内容でそして自分の記憶との戦いでもあった。
おそらく私もそうなんだが、「シト新生」と同じノリで考えてる人はこれを観てびっくりしたんでしょう。確かに庵野秀明が言ってるように新しいエヴァだった。



声優に焦点を当てて書いてみよう。
緒方恵美の最初のほうの手探り気味の演技に12年という時の流れを感じてしまった。それでもラストになるとしっかりまとめるところは腐っても一流だと思った(この12年は色々ありましたよねえ…)。
そう考えると次に出てくる宮村は相当きついと思うのだが…こっちのほうが心配だ。



あと宇多田の曲が流れて席を立った人間は人生の3分の1くらい損してると思う。