GREAT ACTIVITY

アルバム全曲ちゃんと聴いての感想。
確かにどの曲も個性の強い曲ばかりの集まりだってこと。でも本人が言っていた1〜4曲目までの流れってのは通して聴いてもあんまり感じることはなかった。それよりも真ん中あたりに「ファーストカレンダー」や「ラストシーン」が来る並びにホッとした感じがしたのだが。
ベストアルバムが出た後のオリジナルアルバムなので世間では「第2章」とか「新しい方向性」とか言われるんだけど、べつにそういう風に区切らなくても…って思う人。そりゃあ180度変わるのならわかるんだけど、そこまで変わらないからなあ。自分的には今回のアルバムは今までと比べて(良い悪いは別にして)歌に対して貪欲な姿勢が見られる作品なんじゃないの?

ただ、気になるのはほとんどの曲にElements Gardenが絡んでること。別にエレガが悪いわけじゃないんだけど、問題は他のクリエーターがエレガを意識した曲を作ってしまうってことと、同じような曲にしか聴こえないかっていう心配事。