いえ☆もと

いえいえ、元々こういうジャッジをする人なのですから。
http://www.sponichi.co.jp/soccer/games/2008/xerox/0301/001.html
http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2008/03/02/01.html

仕事だったので録画したやつを見ました。
面白過ぎてどこから書こうか迷ってますが、まずは岩政と李の退場になった場面は…これは妥当な判断だと。特に岩政の2枚目は個人的に“ああいうプレーはマリーシアでもなく、許せないプレー”だと思うから。それに加えてどちらも1枚目が伏線になってたなぁ。
次はPK戦の2回のやり直し、1回目は正直微妙だが、2回目は左足がモロにラインを越えてた。これはひどいでしょうって部類。ソガハタの焦り過ぎがすべて。
で、2−1になったあの場面でのPKは…これは違うんじゃないかと。事故みたいなものだったからスルーが妥当なんじゃないかと。



見てて審判に対するプレッシャーのかけ方がねえ…って感想。これは色々まとめきれないのでいつか書きます。
ゲーム的には「いつでも3点目取れそうだなぁ」って雰囲気を続けてしまったのが原因なのでは?でも10人って状況を考えるとわからないでもないが…。鹿島は2−0になった時にどういうゲームプランがあったのかが疑問だ。