共鳴しあうわたしとあなた

さて場所はなんばHatch

    茅原実里Minori Chihara 1st Live Tour2008 〜contact〜追加公演


に行ってきました。
事前に調べたら1F立見だけ当日券があるとのことでしょうがないか…と思って売場に行くと、

   「立見と指定どちらにしますか?」

さすがに会場前にいた血気盛んなファンを見てると「あの中では頑張るのはなぁ…」と思い指定席を選択する。そして指定席に行ってみると、資料らしきものを見てる人が居たりしてなんだか妙な空気が…あれ?

      関 係 者 席 み た い だ

「こんな席も売り出してるのかよ!」ちょっとしたミラクルが起こる。当然のことながらライヴ中は立ったり盛り上がったりするような空気じゃないので、拍手のみでおとなしく観ることにした。新しい感覚だったのだが、逆に色々なものも見えたわけだ。


前にアルバムContactについてのレビューで、3曲目がポイントだと書いたのだが、それに加え10曲目のmezzo forteって曲も生で聴いてみたいってのがあった。そしてあのサウンドにバンド音が入るとどうなるのか?CDで聴いてみて見えない部分がライヴで見えるのかな?がここ最近思ってた。


で、ライヴを観てバンド音にして血気盛んなファン的には盛り上がれるんだろうなぁ。正直バックバンドの力で助かってる部分もあった、もっと場数を踏んで表現力がついたら…がやっぱり課題。まだ荒削りだと思う。
予算が増えたらこれにストリングスを加えるとまた違った感じになると思う。ストリングスとの相性は水樹よりもいいかもしれない。
気になった?うーん…どうなのかなぁ?ってのは、ドレス風の衣装だったんですよ。なんか世界観を作りすぎて縛り付けてるような気がした。もう少し衣装に自由度を与えてもよかったんじゃないのかなぁ。本人なのかランティスの意向なのか…。
その世界観の続きで、持ち歌がもう少しあるはずだけど…。あのバンドで桜舞うこの約束の地で(まなびの挿入歌)を歌ったら評価が大逆転してたのかも?
あとMCの波の激しさはある意味凄かった。B'zの話は面白かったが。


こう色々言ってアレなんですが、行って正解でした。ただ、あの血気盛んなファンの中に入るのはちょっと…。まぁ「肉でも魚でもない」って感想。でもこれだから関西は(ryの展開には本当にがっかりだ。


  廻らないと言ってるだろ、バカ野郎!

M-1contact
2詩人の旅
3peace of mind 〜人魚のささやき〜
4ふたりのリフレクション
5cynthia
6fragment
7sleeping terror
8純白サンクチュアリィ(アコースティックver)
9Dear〜ゆるやかな奇跡〜
10mezzo forte
11夏を忘れたら
12Last Arden
13君がくれたあの日
14too late?not late
15純白サンクチュアリィ
16truth gift
EN-1詩人の旅
2Melty tale storage(新曲)
3contact 13th