ネタが多い理由

アニソンマガジン Vol.4 (2008) (4) (洋泉社MOOK)

アニソンマガジン Vol.4 (2008) (4) (洋泉社MOOK)

こりゃあ叩きつけてもおかしくない特集だなあ。枠に限りがあるのにどうしてCDショップのPOPのように何でも書こうとするのか?そしてまともなレビューが1つしかない現実…。武道館へのプレビュー版とはとても言えない。


そんなボロボロの田村ゆかり特集を除いては良かったと思う。
モモーイのインタビューを読んでると、これランティスじゃなくて本当良かったなぁ…って思ったりした。いつもと比べて中身が濃いぞ。


で、いつもネタにしてるトミQ談ですが…JAMProjectのあたりの件なんかは同意できる。「自省があまりなくてやたら行動派」わかります!最近どこもそんな感じだから困るんだなあ。でもその対極にモモーイも持ってくるのは違うだろ。中道的な立場だと思うから、そこは同意できない。でもなぁこれってJAMProjectだけじゃなくて問題の本質はもっと深い。まぁようやくライター陣が追いついたか!って感想だ。
ところで、今回やたら濃い内容なのはどうしてかって考えた。よーく考えてみたら2月27日以降リリースラッシュだった件について。
だって田村ゆかりmeg rock桃井はるこ野中藍牧野由依でしょ…あと椎名へきるのベスト。それにそれに川田まみkalafinaに…おいおい

    ちょっと多いだろ!

だからランティス組曲で騒いでる場合じゃないんですよ。
こうリストアップしていると余計に感じてしまうのは、らき☆すた大特集イラネなんだよなぁ…。