ナチュラルファンタジスタ

ということで昨日の5日は声優野中藍のライブ@BIGCATへ行ってきました。今日は敢えてこの表現。


    AI NONAKA NO TEARXNO LIVE  


いつも同様1週間前にチケットを確保したので、ほぼ最後のほうの入場。そして現地で知り合いがドア付近の壁に場所取りしてくれたこともあってそこで観ることに。あの整理番号から想像するに1000人近く入れてるんだろうなあ…。いつも行く密集地帯と最後列付近ではどんな風景が見えるのだろう。



まずは
    「藍ぽんよく頑張ったよ藍ぽん」ですよ。
ライブの前に過去にあった彼女のイベントのことを記したイベントノートを見る。うん、確かにMCは伸び伸びと…タブーも関係無く。ただ歌はそういう風にはならなく、さすがに緊張してる感じがした。


面白い構成なのかなぁ?3曲1セットみたいな構成。MCでのしゃべりすぎ防止ってのもあるのかな。最初のほうは3曲中2曲目の後半あたりから「あれ?」って感じがして、3曲目にドッカーン!ってことに。それがアマノジャクの2番Aメロだったわけで。
だがその後は歌いやすい曲ばかりだったのか、大崩れすることもなく進んでいった。最後のNO DREAMXNO LIFEはかなり盛り上がった。そしてアンコールでのウクレレ演奏、今回に限ってはクラップはアリかな?リズムを取ってあげるって意味で。


さすがに生バンドってわけじゃないが、セットの絵を彼女が描いたり(その模様を映像で流してる間に着替えって新しいパターン)と彼女らしさってのか、自分らしく伸び伸びやってて、楽しんでる感じがした。もちろん、観てるこっちも楽しかったのは言うまでもないが。それにド真ん中の楽曲&路線がピッタリで一周理論の私にはとても心地良い。


まぁ彼女の仕事ぶりを知らないでただ騒いでるだけの連中には絶望した!アンコール時のUO不発弾ぶりには笑えたが(アニソンメドレーとの温度差といったら…)