SAS団 NO ANIME X NO LIFE 7

     図書館戦争 
私あのようなパラレルワールド大好きです。まぁラノベ脳って言われたらそれまでなんですが…。井上麻里奈の全力バカ(今回は筋肉系)キャラと周囲の掛け合いがいい感じで見てるこっちを楽しませてくれた。メインのキャストは普通に安定してるよなぁ。あっ、原作未読なんですけど、読んでみたいって欲求が…。それと高橋瞳のOPが◎です。火曜日がゴールデンタイムだな。





さて、私は  パラレルワールド内の日常>日常の中のパラレルワールドって構図なんですよ、突然ですが。日常寄りのパラレルワールドって現代社会で足りないものとか、起こりうることとか皮肉っぽいのが入ってるじゃないですか?例えば「メディア良化法」とかは極端な例えだけど準ポ規制法なのかなあ…って。考えさせられる、想像させられる設定って好きです。これも世界観のひとつなんだけど。
別に日常の中のパラレルワールドが嫌いじゃないんだ。こっちは パラレルワールド=むちゃぶり だと思う。だけど最初に思い浮かべたのはらき☆すたの世界。日常の親近感からスタートするパラレルワールド…(あくまでも私なりの解釈ですが…)アリかナシかって話以前に、世間や業界内が色々と理由をつけてその世界を表舞台に引っ張り出した流れとかが…もう嫌で嫌で。


たぶん、結局は受け付けられたら何でもアリって話なんだけど…もっと純粋になろうぜ!と同時にこのザ・ラノベ脳だなぁって思った瞬間だった。