東京遠征日記すぺしゃる

さて、先日の東京遠征では、ライヴ以外にも色々行ってきたので今日はそれを紹介します。

  7月5日
・前日23:50 夜行バスで東京へ。ちょwww隣が外人
・8:00 到着
・9:00 会場着、物販列に並ぶ。ここから地獄のような暑さが
・12:20 買物終了
・12:30 カキ氷の屋台が神に見えた
・13:30 秋葉原
・15:10 高円寺
・17:00 再び会場着、今度は入場列
・18:00 三大行列の残り1つはトイレの列
・18:20 20分押しでスタート
・21:20 終了、原宿方面のカオスぶりと、あれ?
・23:00 中華
・25:00 アイドリング!!!とツギクルをしっかりと洗脳される


  ・グッズ売場が面白いことに 
物販列に並んでると「会場限定Tシャツは物流事故で販売が中止になりました」とのこと。物流事故ってなんだろう?って思って歩いてると貼り紙があって(交通事故)ってなってた。珍しいなぁ…こういうことって。その影響なのか初日のTシャツとマフラータオルは売切だった。


両日ともなんだけど、今回のマフラータオル手や首に毛がいっぱいついてていい具合にうっとおしかった。デザインよりも性能的な問題が…。



  ・高円寺に行ってきた       
今回の「どーしても行きたーい」はココ
ufotable cafe
あのufotableがやってるカフェですよ。本当は正月に行きたかったけど、正月休みだったので断念。
さすがに高円寺まで来ると、大都会って雰囲気は完全に無かった。普通の下町。歩くこと10分、環七通りの交差点近くにあった。
これが普通にオサレカフェだった件。細長い店内は外の光と店内の植物がいい感じ。それでも店内にはしっかりと空の境界のPOPと原画が展示された。


ティータイム時だったので、バナナラテとスパイシーチョコレートケーキを注文。ケーキが予想だにしない形にはびっくり。これはサラミをつまむような感覚ですか?それでも名前の通りの味に納得。これスイーツでも玄人向けだと思う。


で、ここからちょっと歩くと中野に着く

中野ブロードウェイも覗いてみた。秋葉原の時間の速さついていけない人たちにはここは最高の場所でしょう。



次は2日目
     7月6日
・11:00  起床
・13:10  叙々苑でランチ
・14:30  奈々Tで丸井メンズ館に潜入
代々木のバンドバトルに対抗してこっちは中二病バトルだw
・15:40  副都心線
・16:10  アリーナ席は搬入口からの入場ね
・17:05  5分押しでスタート
・20:20  終了
・20:45  銭湯で汗流し
・21:30  土産と食事
・22:50  青春が付いてないドリーム号が快適な件


    ・お互い中二病
夢の叙々苑ランチ後、丸井メンズ館へ。
ここでひとつ考える。「どうせTシャツ売切れだろ?」→「じゃあここで購入するか?」
というダメ発想により、赤に白と緑のリーベルっぽいラインの入ったTシャツをお買い上げ。これが物販価格よりチョイ安だったのでラッキー。とりあえず勢いで購入したからどこで買ったのかわからなくてどこの店か確認したらコムサだった。
この日はこれを着てライヴに参戦。


    ・何気に乗り鉄    

乗ってきましたよ、話題の副都心線
危うく急行に乗りそうだったけど、地下鉄に急行ってなんなのさ。


あとChuo-lineも乗った、中央線。
週末は快速停まらないのね、高円寺・・・。


    ・ライヴ後は風呂だな
事前に調べてみると、代々木八幡に銭湯があるとのことなので、代々木公園沿いを歩くこと15分、これがあっさり見つかった。
汗かきの私にとって本当にありがたい施設。風呂は心の(ry言ったとか言わないとか。