萌えよ長居

↑あんまりこのタイトルには意味が無いんですが…。
19日の土曜日は長居でフットボール観戦。

「イベントで来れないカード」を使っても成績が良くなかったので、ここで「おでんカード」を使いたかったが、いつもの売店自体がやってなかったので、本日はこの組み合わせ。暑いのでビールが美味しい。
で、試合ですが…

18:00 C大阪1-2広島 長居 11536人
≪得点者≫
C大阪:小松52
広島 :佐藤寿55、柏木63

http://www.jsgoal.jp/news/00068000/00068399.html
ですって、奥さん。
まぁ攻め倒すと粘っこく守ってカウンターって構図になるのは誰でもわかってたことだが、攻め倒すほうがミドルレンジからシュートを打たれたら正直どうしようもない。個人能力、組織力で相手のほうが上。妥当な結果ってやつですよ。


アレーのPkのシーンは客席誰もが「ないわぁ」なんだけど、それ以外でガンガンに叩かれてますが(叩きやすいってのもあるが)、個人を叩いたところで根本的な解決にはならないもので。それより低い位置、相手のプレスのかかりやすい位置でボールを持たされてるってことはその後ろのDFラインの押し上げに問題があるのでは?って思う人。木ばっかり見るんもいいけど、森も見ろよって話。
ボールの収まりどころとしての浜ちゃんは残念ながら全く機能してなかったように私には見えたのですよ。それができそうなのが浜ちゃんしかいなかったってのも問題だけど。あと、ピッチの残り1/3での仕掛け、緩急ってのがほとんど無く(それでも1点目は良かったが)ノーリスク時でのミスが多い。これも相手との大きな差。


サッカージャーナリスト気取り(笑)の分析では1トップ2シャドーがどうのこうのって連呼してたけど、1トップだろうがゼロトップだろうが得点すりゃあ勝利に近づくスポーツなんだから、そんなのどうでもいい。


そうそう、試合終了後のSB席がいい具合にエキサイトしてた件。瀕死のゴール裏に比べりゃあいいことだ。