突然、急変するクール

     SAS団 新番F(フロンティア)スーパーライブ #2


この秋のクール「何も言えねぇ」ランキング(SAS団調べ)
 第3位 とらドラ!の竜児くんの作(ry
 第2位 屍姫の芝居
 第1位 ラインバレルの呼び方


       とある魔術の禁書目録 
ライトノベル好きな人間としても観てて良い内容。次も観たくなる終わり方もGOOD!インデックス@井口裕香の長セリフのシーンがあった。ちょっと波はあるかもしれないが、やってくれそうな期待はさせる。新人賞にエントリできるかな?
それにしても最近の佐藤利奈は方向性は違うけど、川澄綾子みたいな感じがしてる。


       あかね色に染まる坂
キャストだけ見たら、知ってる名前がたくさんいるのでちょっと観てもいいかなって思う。で、ビッチさんの妹声にがっかりしてしまう。つーか、ギャルゲー声ではないでしょでしょ。
裏がラインバレルだからな…微妙かな?


       屍姫 
       喰霊-零-     
今回はあえてこの2つを同時に書いてみた。前者は生理的にちょっとダメ…そしてよくわからなかった。
後者は音楽とかが“甲殻機動隊”みたいな感じがしてた。Bパートの途中まで見て「多分こういう終わり方だろう」って自分で物語のクロージング(上から目線な書き方)してたら、一瞬にして急変。ちょwwwそんな展開は…唖然。
どちらもグロい系なんだけど、私は後者のほうが次も観たい。つーか次週はこうするんでしょうか?



       鉄のラインバレル 
先日の能登おっぱい発言がまさかこういう展開になるとは…。この流れについては全面謝罪します。
正義正義ってうるさい主人公の中2病キャラに「なんかキツイなあ…」って感想だったが、ラストの「あなたはもう死んでます」にざまぁぁぁぁ→坂本真綾のEDってコンボが素敵過ぎです。
いきなり簡単に動かせるラインバレルって大したことないなぁ。それよりも私の問題はやっぱり平井久司のキャラクターデザインが耐えられるかって話。




さて、とらドラ!の第2週がとても良かったことについて。
この作品で釘宮理恵の芝居の引き出しってのが全て見れるような気がした。そういう面でも注目。そして作画は目をつぶりましょう。脚本がとても良かった。あの30分がとても濃い30分だった、ちょっとだけ興奮した、いい意味で。とりあえずスタチャに謝っておこう「バカにしてすいませんでしたm(_ _)m