代表ウズベキスタン戦

「前半のハイライト、ゴールシーンから。まずはウズベキスタン〜」でズッコケながら即席ちゃんこ鍋を食べながら観る。
わざわざ高速ピッチにしたわりには自分で自分の首を絞めるミスを多発。さすがに「どうなってるんだ!」と一喝。
攻撃が酷いものなら、失点パターンが定着しつつある守備はもっと酷いわけで。何時からか「日本は守備がベースにある」って考えの幻想があるのか、その守備が崩壊気味だ。後半DFラインの裏をあっさり抜かれてGKと1対1→中澤がなんとかフォローってちょっとありえない崩されっぷり。あれ観てると、批判の矛先がシンジくんばかりに向いてるのはちょっと違うよなぁ。


選手誰もが楽観&優等生発言にもびっくりだが、相手が積極的にボールを奪いにきたので困惑したってメガネの発言にもっとびっくり。そんなこと言ってるうちはフットボールの神様は振り向いてくれない。


とりあえず誰かローゼン首相ばりに「まずは守備」って演説してくれないかなぁ。でも今じゃあいい守備してもいい攻撃に連動しないからあんまり…。