良い試合だと思うんだけど、どうもねぇ…

○○ところのファンの××ざまぁぁぁ!(挨拶)


最近マッチレポートが書けなくなってる。色々とヨソ様を覗いてると声の大きい者の意見が全体の意見となってる状況ってのもあるんだけど、書いてて楽しくないんですよ。
そんな良い天気の土曜日は神戸にお出かけ。兵庫駅から歩いてて普通に暑かったんですが…


   神戸VS大分@ホムスタ 
を観てきました。スタジアムに着くなりガキが多すぎてウザかったり(ウロウロするんだったら家で勉強しろ!って言いたい)、森重とレアンドロが出てないってどういうことだ!ってボヤいたり、前に座ってるのが痛いおっさんだったり、この日のMC(マッチコミッショナー)が十河で主審が佐藤ってこの前の万博と同じメンツじゃないか…嫌な予感。と、楽しくない要因が多いのですが。

試合は後半36分に私の一番嫌いな「速いリスタートからの得点」で神戸が勝って、一層Jリーグがつまらなくなったって感想。得点直後からこればっかり言ってた。しかも、金持ってるわりには弱者のようなフットボールをするから余計にそう感じる。正直、金返せって気分だ。


それでも、なかなか観れない生での選手のプレーと自分の頭の中のスカウティングレポートとを照らし合わせながら観た。新しい発見とかあるから←これが一番楽しいのかも。


いつの間にか下川誠吾が相手と駆け引きのできるようなGKになってたり、ウェズレイはよく見えてるし上手いよなあ…とか鈴木慎吾の1発で上げるクロスとか。でも、それ以外はサイドから中に切れ込む選手ばっかり…どうも両チームとも無駄に中から崩そうとしすぎ。
神戸も攻め倒すだろうと予測したのなら最初からノリカルをスタメンで使えば違う展開になってたかもしれないけど…どうも消極的やし、13番を左で使いたがるのがわからない。
あと、やたらとパスミスが多かったのだが、ピッチの芝が深かったのかなぁ…って思うんだけど、深くする意図もないからイマイチわからない。





試合終了後はいつものようにお月見猫王様へ。今回はウバとバナナのミルフィーユで落ち着いて、三宮で本買って帰った。