奥井雅美live tour2008 Akasha@BIG CAT

1 LOVE SHEILD
2 INTRODUCTION
3 SUBLIMINAL
4 truth
5 輪舞-revolution-
6 CHAOS
7 ワスレグサ
8 Melted Snow
9 オレンジ
10空にかける橋
11TOTAL ECLIPSE
12SECOND IMPACT
13TRANSMIGRATION
14Enegy (be-show ver.)
15Shape of myself
16HAPPY PLACE
17乙女心無限
18POISON
19Shuffle

EN1Memorial Song
W-EN1恋しましょねばりましょ
  2God Speed

いつもの影ナレ、今年はちょっと違った。オープニングアクトとして近江知永が登場して“冬の向日葵”を歌う。冬のロンド(PCゲーム)のキャンペーンで大阪に来てたついでなんですけどね。
完全に笑い話の域に達してる発売延期になったアルバムに収録される新曲を交えつつ22曲、2時間半超えのライヴでした。
ほぼ近況報告になりつつあるMCでは、JAMで海外行ったエピソード。欧州ではあの曲がウケ良かったみたいで、わかります。あと13,14曲目を絡めてバックバンドの歴史の話とか。サイキックカバーじゃなくwサイラバのJOEくんも楽しそうにやっててかなり馴染んでました。パパゴンもそんな歳なんですねぇ…時代の流れを感じます。

選曲的には最近のアルバムを中心に、あとトリビュートアルバムへの感謝…それなりに意識はしたのかな?って印象。なぜか避けられてる“crossroad”の中から何年かぶりにHAPPY PLACEが聴けたり。「ヤマベンのベースで〜」って言ったら“CUTIE”なんだけど、そっちもあったか恋ねばとか、オッサンにもそれなりに気を遣った選曲。
左(MACARONI☆君側)の後方で観てたってこともあるんだけど、新曲も含めてそんなに激しい曲ってのは少なかったか。体調面を考慮したのかなぁ…。

おんにゃのこファンが増えて、年齢層が広くなったことは例年以上によーくわかったことなんだけど、コール&レスポンスのレスポンスの声が少なくて残念だったり、曲に対して何も感じない客が目に付いたことは今回気になった。うーん…やっぱり時代から取り残されてるのでしょうか?いや、こんな時代なら浮いてるほうがいいのかなあ…

この季節にこんな曲を聴いて思い出すってMCじゃないんだけど、ラストの三本締めでそういう季節がやってきて、そして今年も楽しい時間が過ごせたと思った。
いつも思うが照明さんGJです。