レイクス

ということで、前々から言ったとおりファイブアローズを観に米原まで行ってきたわけですよ。


レイクスターズ、略してレイクス。「滋賀県初のプロスポーツチーム〜」って煽る仙石くん。もちろん、お隣さんと同様なノリ(選手紹介とか)であった。このチームもどこかと同様にナマズがマスコットキャラクターなんですね。

事前に調べたんだけど、文化産業交流会館がどこの席でどんな感じか想像できなかったんだけど、おそらくメインの席が可動式だと思う。SB指定席だと端で見えにくいんだけど、臨場感はある。


高松、滋賀を圧倒 2位キープ/bjリーグ | スポーツニュース | 四国新聞社

試合は何が良かったのか考えると、シュートを打たせなかった守備なのかなぁ…相手の外角からのシュートがあまりなかったってこともあるが。
変なファウルも多かった。ディフェンスファウルの連発ならともかく意味不明のファウルもあった。ナーバスになる試合。2、3Qで点差を広げれたのが大きかった。4Qのばたつきは…あんなものでしょう。


ゴードン・ジェームスの赤木ばりのハエたたきが観れたり、岡田のきれいな3P連発の噂のオカダタイムも楽しめたし、3Qの青木ヘッドブチ切れぶりに客席和む。
マット・ギャリソン投入後、のらりくらりした感じの妙なリズムになり、正直良いのか悪いのかわからないんだけど、最後の3Pはきれいでした。色々な意味で客席のハートを掴みそう。

やはり
どこのチームとは言わないが、日本人にある程度の目処が立たないと今シーズンは厳しいようで…。そう考えると、岡田と交代した野々口も短い時間ながら良いプレーがあったことから、何気に底上げされてるんじゃないか!?って。


そんな試合でさらに面白かったのは、相手の盛り上げソングが“HOT LIMIT”だったことと、ボールボーイのモップが甘いので選手自らモップかけw