もう書けなくなった予感とともに振り返ってみよう 〜フットボール編〜

昨年の自分の書いたフットボールのエントリがあまり楽しくない。あの当時は狙ったようなネタを狙ったように意識して書いてはいたが…。
段々と客観的な目線ってのが辛くなった。上から目線になってるような気がしてた。なので、今年はフットボールのエントリは少なくなるのかも?観戦しましたって程度になるのかな…?わからないけど。

それにしても、サッカーブログってのは凄いなあ。ある意味書きっぱなし書きたい放題だから。あるサイトにこんな書き込みが

真偽の不確かなことを(取材もせずに)携帯サイトの元編集長が書き、それをまたチェックもせずにポータルサイトが伝え、それをユーザーがそのまま信じて思い込みと思いつきをコメントする。

携帯サイトの元編集長を他に置き換えてみると、奈良クラブとそれを取り巻く人たちのことですね、わかります。
あえて例を出してみたが、典型的なサッカーブログでありサポーターブログでもあるんだよなぁ…。事実、3部以下の物好きクラブチームを伝える環境ってのは↑のようなことのオンパレードってこと。


こんな状況だと、サッカーブログを見るのも書くのも苦痛になる。
なので今年はもっと楽な形で書けたらなぁ…って考える。そしてマイナスよりもプラスに向けれるように…。